スキルなしで起業するための7法則!この起業アイデアで挑戦しよう

起業するには、特別なスキルがなくてはならないと思っている人も多いと思います。
しかし、実はスキルがない人でも起業を成功させることは十分可能なのです。

当記事では、スキルなしでの起業を成功させるための7つの法則と、おすすめの起業アイデアをご紹介します。

スキルがなくても起業はできる

起業計画を練る際、自分の持つスキルや人脈を活かせるような分野を中心に考えるのが定石です。
そうすると、成功する可能性が大きくなるからです。

しかし、起業後に必要なスキルを前もって完璧に用意する必要はありません。
スキルなしで起業し、スキルを身に着けながら事業を進めていくほうが、かえって効率的にスキルを身につけることができます。

実践の中で柔軟に対応しながら、必須スキルを会得していくほうが、「本当に必要なこと」だけを学ぶことができるのです。

スキルなしでの起業を成功させる7法則

スキルなしでの起業は、十分な可能性を秘めていますが、闇雲に取り組むだけでは成功には繋がりにくいです。

そこで、「スキルなしでの起業を成功させる7法則」を解説します。

  1. キャリアを活かす
  2. 必要に応じたスキルの習得
  3. 事業資金の確保
  4. 専門家と協力する
  5. 自分が簡単にできることで起業する
  6. 先行事業を真似る
  7. 会社で働いてスキルを身につける

①キャリアを活かす

スキルがなくても、経験や実績、キャリア、ノウハウ、人脈を活かすことで、起業の成功率を上げることができます。

例えば、会社員の場合、自身の経歴に基づいた実績やビジネス感覚が必ずあるはずです。

こういったキャリアを活かすことで、スキルがなくても起業を成功させることができます。
したがって、スキルなしでの起業を考えている方は、自身の経歴を意識して起業することをおすすめします。

②必要に応じたスキルの習得

市場は常に変化し、その都度、必要な知識やスキルも変わるので、完璧な状態で起業をすることは不可能です。

起業を成功させるために重要なのは、必要に応じてスキルを習得することです。

常に最新情報を集め、スキルや知識の習得に向けて努力を続けることこそが、成功に繋がります。
苦しくても、走りながら学ぶ人が起業家として成功するのです。

③事業資金の確保

スキルのない状態で起業する場合も、資金の調達は必要です。

副業で起業する場合、事業が軌道に乗るまで収入がないこともありますが、本業収入で生活費を工面できるので、大きなリスクはありません。

しかし、専業で起業する場合は、最低限の資金(開業費用や運転資金など)を調達しておく必要があります。

④専門家と協力し合う

スキルなしでの起業だと、専門家と協力し合って進めることもおすすめです。

間接部門と呼ばれる経理や財務、労務、人事、法務などはどの事業でも必ず必要となりますが、税理士や社労士、顧問弁護士など、それぞれの道の専門家に相談して対応することで、負担も軽減され、より事業に集中することができます。

⑤自分が簡単にできることで起業する

スキルがないことで悩む方の多くは、起業への精神的なハードルがかなり高い傾向にあります。

「起業には興味があるけど、スキルがないからプロの世界で戦えない」と思っていませんか?
しかし、そういった人ほど、自分の中にあるスキルを意識できていないものです。

自分が得意なことほど、呼吸をするように自然にできている場合が多いため、スキルに気づけていない可能性があるのです。

では、どのようにして自分の中のスキルに気づくことができるのでしょうか?
それは他人と比較をすることです。

「人は自分が不得意なことにお金を払う」という原則があります。

その原則に基づくと、他の人よりできることを探すことがスキルの発見に繋がり、それを起業アイデアに活かせないか考えることで、更なる発想が生まれる可能性があるのです。

⑥先行事業を真似る

知識がベースとなるスキルですと、「知識の有無」によってスキルがある人とない人に差が出ます。
そこで、手っ取り早く知識を身につけるために、スキルがある人の真似をしてみましょう。

どのようなツールを使用し、どのようなノウハウで運用し、どんなアウトプットをしてきているのか徹底的に調べて真似をしてみるのです。

スキルがある人のことを観察することで、自分との違いが鮮明になってきます。

⑦会社で働いてスキルを身につける

スキルを身につけるために、起業をする前に会社で働くということもおすすめです。

勤め先でスキルを身につけることができれば、会社のリソースを活用しながらスキルを習得でき、費用は発生しません。

スキルが全くない状態で起業するよりもリスクが減り、給与も保証されているので、安全にスキルを習得することができます。

おすすめ起業アイデア

経験や実績、人脈などのキャリアに基づいて起業計画を組み立てるのが一般的ですが、そういったキャリアがなくても取り組める分野があります。

特にスキルがない方におすすめ分野を3つご紹介します。

①物販

物販とは、簡単に言うと商品を安く仕入れて高く売る仕事のことです。
スキルなしの状態での起業には、特におすすめです。

メルカリやヤフオク、ジモティーなどの大手プラットフォームを用いて、日用品や書籍など身の回りの商品を販売して、収益を生むことができます。

身近な不用品を出品して、市場の反応を探り、徐々に品数を増やしていきましょう。

②代行業

家事代行やベビーシッター、車の運転代行、冠婚葬祭の代理出席など、多種多様な代行業が存在しますが、どれもスキルなしですぐに始められる分野です。

近年は、webサービスやプラットフォームが開発され、代行してほしい人と代行したい人のマッチングが容易になりました。

③YouTuber(YouTube動画配信)

YouTubeに動画を投稿し、広告掲載で収益を得るという今時の起業アイデアです。

YouTubeの配信には様々なジャンルがあり、新商品の解説や、旅行先の紹介、ペットの動画などは、特別なスキルがなくても配信することができます。

YouTuberとして人気の高いHIKAKIN氏も「◯◯を作ってみた」「新商品を買ってみたレビュー」など、スキルがなくても作れる動画を配信しています。

YouTubeで広告を流すには、チャンネル登録者数1,000人以上、総再生時間では4,000時間以上という条件があるので、すぐに収益化することは困難ですが、チャンネルを育てていくというのは長期的に見ると投資とも言えるのです。

まとめ

当記事を読んで、スキルがなくても起業で成功する可能性は大いにあるとご理解頂けたかと思います。
起業を迷っている人は、当記事からヒントを得て、是非行動に移してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です