国内の起業数の推移から考える、今起業すべき理由10選を詳しく解説

日本国内の起業数の推移を分析すると、日本国内の起業数の推移は増加傾向にあり、今こそ起業するべきだということが見えてきます。

当記事では、起業数の推移から読み取れた、今起業すべき10個の理由を解説していきます。

起業数の推移から考える、今あなたが起業すべき理由10選

今起業すべき理由を11個ご紹介しましょう。

日本で起業すべき理由① 起業のハードルが高くない

会社法の改正に伴い、コスト・手続き面でもハードルが低く、起業がしやすい状況になっています。

「1円企業」という言葉を耳にしたことはありますか?
実際のところは、株式会社・合同会社の起業には、登記費用など数万円〜10万円超の実費を必要とします。
しかし、個人でも用意できない金額ではありませんので、現実的にはハードルは高くなく起業できます。

「脱サラして起業する」という方はリスクが伴うかもしれませんが、空き時間を利用した副業からの起業では、リスクはほぼゼロと言ってもよいでしょう。

少ない資金からの起業でも、成功は十分に可能です。

このように、現代は限りなくリスクの低い起業が可能な時代と言っても過言ではありません。

日本で起業すべき理由② 「働き方改革」と共に、自己実現の機会が増加している

「働き方改革」とは、厚生労働省が2019年に定めた、働く人々が各人の状況に応じ、柔軟な働き方をできるように支援する施策のことです。

会社設立のハードルの低さに加え、NPO法人など社会的意義の高い活動を通して自己実現を図れる機会も増えています。

日本で起業すべき理由③ テレワークの普及

現在のコロナ禍の状況に鑑み、政府企業はテレワークへの移行を推進しています。

テレワークで、家事などと両立しつつ仕事をする人も増加しています。
統計からもそれは明らかです。

クラウドソーシングサービスからの受注は、手っ取り早い起業と言えるでしょう。
副業の割合を増やしてもよいですし、収入が見込めるならば独立もよいでしょう。
クラウドソーシングサービスでの仕事の多くはリモートが前提であり、他所への移動が困難という方には最適と言えます。

日本で起業すべき理由④ 企業による副業の奨励

昨今の先行き不透明な情勢下を見ると、終身雇用といった従来の企業の労働環境は、今後変化していく可能性があります。
実際に、変化を目の当たりにしている方も多いのではないでしょうか。

最近では、政府も企業に対して社員が副業を持つことを奨励しており、実践している大手企業も散見されます。

特に、IT分野・金融分野など、伸びしろのある業種の大手企業で副業人材が募集されており、今後の更なる発展が期待されています。

日本で起業すべき理由⑤ 巣ごもり消費にチャンス

コロナ禍でいわゆる「巣ごもり消費」市場にチャンスがやってきました。

Netflix、Amazon Prime Videoなどの動画サービス、カクヤス、Uber Eatsといったデリバリーサービスなど、経済的に成長している企業が多く見られます。

この「巣ごもり消費」市場のメリットは、起業家側も店舗を必要とせず、固定費がかかりにくいことです。そのため、個人事業主でもはじめやすいです。
卸業者と顧客を結ぶ存在になったり、Webサービスを始めてオンライン上で集客したりするのもよいでしょう。

市場規模は年々拡大しており、参画するチャンスはまだまだあるといってよいでしょう。

日本で起業すべき理由⑥ 終身雇用制度が崩壊

上記理由④の副業の推進とも関連する理由ですが、終身雇用制度の崩壊は、日本における「働き方」を大きく変えました。

「同じ会社にずっと勤め続ける」という前提が崩れれば、自ら仕事を生み出す能力が必要になるのは当然でしょう。

「事業を立ち上げた」という経験は転職の際に大きな武器となり、キャリアアップにも効果があるでしょう。

100歳まで生きられる時代、今後も働く時間はどんどん長くなっていきます。
食いっぱぐれのないスキルやキャリアを身につけるためにも、「今」起業した方が良いと言えます。

日本で起業すべき理由⑦ 働き方の多様化

終身雇用制度の崩壊、企業による副業の推進などを背景とし、働き方は多様化しています。

「ふくぎょう」という言葉一つとっても、

  • 本業メインで別の仕事をする「副業」
  • 複数の仕事を同じ労力で行う「複業」
  • 本業の他、社会貢献を目的とした活動を行う「プロボノ」

など、色々なカテゴリがあります。

本業ひとつでの働き方から、多様なキャリアを併せ持つパラレルワーカーも増加しています。

このように、多種多少な働き方が許される現代だからこそ、起業は積極的に考慮すべき選択肢となりうるのです。

いきなり本業をやめるのではなく、副業から起業を始めてみれば、リスクも少なく開始できます。

日本で起業すべき理由⑧ 1円起業が可能

新会社法の制定により、資本金1円からの起業ができるようになりました。

起業=個人事業主というイメージを持つ方もおられるかもしれませんが、少ない資金から法人設立も可能です。

収益拡大が見込めれば、累進課税制を強いられる個人事業主よりも、税率が一定となる法人の方が優位な場合もあります。
組織化の際や銀行から融資を受ける際など、法人にしたほうが信頼度が高くなるというメリットもあります。

従来は、法人設立の際に、資本金として数十万円といった資金が必要でしたが、今では1円起業が認められ、手軽に起業できます。

日本で起業すべき理由⑨ 行政の起業支援が充実

起業の際に利用できる行政の起業支援制度は非常に充実しています。以下にその一部を挙げます。

  • ものづくり補助金
  • 事業再構築補助金
  • 小規模事業者持続化補助金
  • IT導入補助金
  • 事業承継・引継ぎ補助金
  • キャリアアップ助成金
  • 人材確保等支援助成金(雇用管理制度助成コース)
  • 中途採用等支援助成金(生涯現役起業支援コース)
  • 雇用調整助成金

事業や起業家の背景に併せ、制度がそれぞれ用意されているのがわかるでしょう。

起業家が抱える不安の多くは、「資金の不足」だそうです。
そのような不安を打破し、起業に注力できる制度を活用していきましょう。

日本で起業すべき理由⑩ 起業スクールの登場と起業方法の成熟

起業という選択肢が一般的になりつつある昨今ですが、個人が起業を成功させる方法やノウハウも年々向上しています。

起業を志す人たちにそのノウハウを伝えたいという経営者も多数おり、起業スクールの数も増加してきています。

まとめ

起業数の推移を細かく分析し、どういった背景で「今」の起業が推奨されるかを詳しく解説しました。
社会の様々な動きが、起業へ向けてのモチベーションを高めていることをお分かり頂けたと思います。

当記事を参考にして、社会情勢やトレンドをつかみ、起業への1ステップとして頂ければ幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です