一人起業は難しい?成功するコツとお勧めのビジネスモデル5選!

起業をする際、一人だと負担が大きい気がしてなんとなく躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか?

しかし、たった一人での起業でも、成功するための5つのコツをしっかり理解すれば、成功確率は上がるのです。

当記事では、成功するための5ステップと一人起業に特にお勧めのビジネスモデル5選をご紹介します。

一人起業とは

一人起業とは「一人で新しく事業を起こすこと」です。

一人起業にも様々な種類があります。
個人事業主として税務署に開業届を提出して始める形態、店舗を構えて自営業として取り組む形態、店舗などは構えずフリーランスとして事業を行う形態などが挙げられます。

「一人で起業して大丈夫かな?」「複数人で協力したほうがいいのでは?」と不安に思う人もいるかと思いますが、初期の段階では一人起業の方がよりお勧めな場合があります。
その理由を3つ、解説します。

①経営判断が速く、スピード感のある事業推進ができる

一人起業だと、その事業の責任者は自分だけなので、経営の意思決定が速く、スピード感を持って事業を推進することが可能です。

特に新規事業は、迅速な判断がビジネスチャンスに繋がる可能性が高いのです。

②意見の不一致が生じない

大企業でもそうですが、複数人での起業は意見の不一致が生じるというデメリットがあります。

一人起業だと、自分の選択を常に信じて進めばいいので、この点は心配ありません。

しかし、視野が狭くならないよう、コンサルタントのように助言をくれる人を近くに置くといいでしょう。

③様々なタスクを経験し、視野が広くなる

一人起業をして間もない時期は、会計やマーケティング、マネジメントなど色々な分野を経験して、視野を広げることをお勧めします。

未経験分野に取り組むことで、自分の強みを見つけることもできるでしょう。

成功させるための5つのステップ

これまでご紹介してきた一人起業ですが、成功確率を上げるための5つのステップがあります。

①ゴールを決める

特に重要なことは、一人起業に明確なゴールを設定することです。

ゴールとは、どのようにして一人起業を終えることが成功なのかということです。

下記の2点に注目して、会社のゴールを決めておきましょう。

一人起業のゴール1:4つの出口

起業の4つの出口は以下の通りです。

  • ①売却
  • ②承継
  • ③上場
  • ④精算

一人起業をした後、どの出口に向かうかを定めておきましょう。

一人起業のゴール2:売却価格

出口に「売却」を選んだ場合、どれくらいの価格で売却するのか決めておくことも大切です。

一般的な会社の売却価格は、5期分の実質営業利益と会社のキャッシュによって査定されるのが相場です。
しかし、何期分になるかは業種によって変動するので、事前に調べておきましょう。

「3億円で会社を売却する」と決めた場合、自分が選ぶ業種が何期分で売却するか調べておくと、実質営業利益をどこまで伸ばせばいいかが明確に決まってきます。

②起業アイデアの量産

ゴールが決まったら、次は起業アイデアを量産します。

起業アイデアを1つにこだわると、失敗に繋がりやすくなります。

「やりたい」と思える起業アイデアをできるだけ多く量産して、次のステップ3で市場調査をすることが重要です。

③起業アイデアの需要を調べる

量産した起業アイデアにどの程度、需要があるか調べます。

まず、類似した事業の売上がどれくらいあるかや、市場規模を調べてみます。

売上が大きくなかったり、市場規模が縮小傾向にある場合、その市場は衰退期に入っている可能性が大きいので、避けましょう。

その次に、起業アイデアのターゲット(見込み客)を定め、そのターゲットに当てはまる人に、以下の点について聞き取りをしましょう。

  • ・どのような商品やサービスが欲しいか。
  • ・既存の商品やサービスに不満はあるか。

④低資金から始める

市場に需要があり、参入余地がありそうなことが分かったら、全財産をかけたり、銀行から融資を受けるのではなく、低資金から始めることをお勧めします。

起業が成功する確率は1/10だと言われているので、全財産をかけてしまうのは大変危険です。
資金を10回分に分けて、1/10の起業資金だけで始めましょう。

⑤本格的な事業の拡大

低資金で始めた起業アイデアに確かな需要があると分かったら、本格的に事業を拡大していきましょう。

年商1億円までは一人で事業運営することが可能です。

一人起業のビジネスモデル5選

一人起業をする際にお勧めのビジネスモデルを5つ紹介します。

①ネットショップ

ネットショップを開設して運営するビジネスモデルです。

近年はBASEやSTORESなど、高品質なショップサイトを無料で立ち上げることができます。
リスクも少なく、短時間でショップの開設が可能です。

②コンサルタント

公的資格を活かしたビジネスモデルもお勧めです。

税理士や、公認会計士、弁護士といったハイレベルな資格から、中小企業診断士、社会保険労務士、行政書士など、様々な資格を活かして経営コンサルタントや営業コンサルタントとして活動することができます。

③専門スキルを活かす

自分の持つ特殊技能を活かして事業を行うビジネスモデルです。

翻訳・通訳や動画制作、Webデザイナー、ライター、フリーエンジニアなど、需要は多数あります。

そうしたスキルはクラウドソーシングサイトなどで、常に仕事が募集されているので、資金やリスクがなく、すぐにでも取り組むことができます。

④オンライン事務サポート

事業を運営する上で発生する、細かな事務作業の代行も成功しやすいビジネスモデルです。

メール対応やデータ入力、SNS投稿、文書の管理・作成代行など、多岐にわたっており、確実に需要があります。

⑤アフィリエイト

アフィリエイトは、自分が運営するブログなどに企業の広告をリンクさせ、ブログ読者がその広告を経由して商品やサービスを購入すると収入が得られます。

リスクがないというメリットがありますが、大きな収益を生むには時間や工夫が必要なので、他の分野と組み合わせて行うと効果的でしょう。

まとめ

一人起業を目指す方は、成功戦略をしっかり理解し、必要な準備を整えることが必要です。

簡単なことばかりではありませんが、自由度が高いという一人ならではのメリットもあります。
当記事を参考にして、一人起業へと一歩踏み出してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です