0円起業におすすめアイデア5選!3つの方法で更に成功に近づきます

「莫大な費用がかかるから」と言って起業を諦めていませんか?

そんな方のために、当記事ではお金がなくても起業する方法と、たった3つの成功に近づくコツをお教えします。

0円起業とは?

個人事業主やフリーランス、また副業として事業を始める場合、資金が全くなくても起業することができます。

個人事業主の登録も、所轄の税務署へ開業届を提出するだけで済むので、設立費用は不要です。

事務所や設備、事務用品などにお金がかかりそうで心配な人は、例えば自宅の部屋で開業すれば費用を抑えることができます。

0円起業のためのアイデア5選

「0円で起業なんて本当にできるのか」と半信半疑な人もいると思います。
しかし、元手が全くなくても、起業アイデアをよく吟味すれば事業を始めることができるのです。
以下の5つの起業アイデアをご紹介します。

  1. コンサルティング
  2. コンテンツ販売
  3. クラウドソーシング
  4. フリマ出品
  5. 代行業

①コンサルティング

0円起業のアイデアとして主流なのが、コンサルタントです。
こちらは、キャリアがある人なら0円ですぐに始めることができます。
自分と同じようなキャリアを切り開きたい方をサポートする仕事なので、基本的に0円で済みます。

また、近年ではZoomやSkypeなどを使ったオンラインコンサルティングが増えてきており、オフィスや移動費なども必要ありません。

②コンテンツ販売

コンテンツ販売とは、自分の知識やノウハウを電子媒体でまとめて、オンライン上で販売する方法です。
すでに知識やスキルがある方は、0円で始められる起業アイデアです。

主な電子媒体は以下のようなものになります。

  • Kindleなどの電子書籍
  • noteなどのオンライン記事
  • Voicyに代表される音声配信
  • Udemyなどのオンライン講義
  • YouTubeをはじめとするオンライン動画
  • Webinar Makerなどの自動ウェビナー

③クラウドソーシング

クラウドソーシングも0円起業としては、とてもおすすめです。
掲載されている依頼の中から、自分が受注できるものを探して応募します。
契約が完了し、依頼が遂行されると報酬を得ることができます。

クラウドソーシングでは以下のような仕事が受注できます。

・Webライティング
・Webデザイン
・翻訳
・インタビューや取材
・発注代行
・プログラムの開発

④フリマ出品

家に不用品がある方は、それをフリマに出品することで収益化を図りましょう。

メルカリやヤフオクなどを見ると、使っていない商品が高額で売れているというケースがあります。

また、フリマ出品で収益を生むことができたら、それを着手金にして物販事業を始めることもおすすめです。

⑤代行業

代行業のほとんどが資金がなくても始めることができます。
家事代行やベビーシッター、フードデリバリー、冠婚葬祭などの出席代行などは、必要最低限の装備があればすぐに始めることができます。

0円起業を成功させるための3つの方法

0円の起業アイデアが実現に至っても、更に事業拡大をするのは簡単ではありません。
本項では、お金をかけずに起業アイデアを更に拡大する方法について、以下の3つを紹介します。

  1. IT活用
  2. マーケティングスキルを活用
  3. 資金調達をする

①IT活用

近年では、インターネット環境が整っていれば、0円で起業することができます。

ネットを活用した起業としては、講師・コンサルタント、ネットショップ、物販、アフィリエイト、ライティング、エンジニアなど、分野が多岐にわたっています。

②マーケティングスキルをフル活用

費用を抑えて事業を拡大する方法として、「マーケティングスキルをフル活用して、少ない資金から始める」というものがあります。

起業セミナーなどでマーケティングスキルを学ぶと、例えば手元にある2万円の資金を用いて、FAXやDMを何千通も発想することができるようになります。

SNSマーケティングや、口コミマーケティングにも注目すると良いでしょう。

③資金調達をする

外部から資金調達をするという方法もあります。

金融機関からの融資や、ベンチャーキャピタルからの投資、公的補助金の活用、クラウドファンディングなどがありますが、誰でももらえるわけではありません。
資格要件をよく確認することが必要です。

まとめ

当記事を読んで、0円で起業する手段があるということを分かって頂けたでしょうか?

様々な工夫や試行錯誤が必要になってくるかと思いますが、当記事から得たヒントを元に、0円起業に挑戦してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です