現在の位置

丸田麻美さん ~"にいがた"はとってもいいところです!~

東村山市から I ターンで三条へ就職した丸田さん。

彼女の仕事は、さかえ地域にある「マルナオ株式会社」の製造兼デザイナー!

小さい頃からずっと、「にいがたで暮らしたい!」と願っていたそうです。

にいがた暮らしの夢を叶えた、丸田さんにインタビューをしてきました!

 

【移住前】東京都国立市→東村山市

【移住後】三条市四日町→現在は長岡市

【移住年】2014年4月

【年齢】非公開

【家族】単身

【仕事】専門学校を卒業→マルナオ株式会社

【移住のカタチ】定住

Q.移住のキッカケは?

両親が上越地方の出身で、祖父母がいたため、新潟へ来ていました。

小さい頃から新潟が大好きでした。

山や川は綺麗だし、ごはんは美味しいし、

中学生くらいからずっと、「にいがたで暮らしたい!」と考えていました。

Q.三条市を選んだ理由は?

専門学校を卒業して、新潟に就職しようと思いました。

マルナオのロゴは専門学校の堀越先生が作ったんです。

先生に相談したら、専門学校で学んだ知識を生かすには、

燕三条地域が「ものづくりのまち」だから、その地域が良いのでは?と、

助言をいただきました。

三条市役所やハローワークを回って、独自でがんばっていました。

たまたまある方の協力を得ることができ、鍛冶関係を3~4社回りました。

人のつながりってありがたいです。

そして、「マルナオ株式会社」に就職が決まり、三条市に来ました。

Q.移住後の生活はどうですか?

みなさん親切で、野菜をいただいたりします。

東京では絶対ないので、そういった近所づきあいが好きです。

困ったことは、「三条弁」がわからないことです。

コミュニケーションが取れませんでした。

徐々に慣れてきまして、「方言がうつるかなぁ?」思いきや、まだです(笑)。

いつか、うつりたいですね♪

 

ちょこっとMEMO

マルナオさんでは、製造兼デザイナーをしている丸田さん。

「マルナオ」の基盤を踏まえつつ、自由にデザインをさせてもらえるそうです。

試作をして、良ければ商品化となるとのこと。

「直接、社長に意見を言えます。」

とても、社員さんと経営者さんとの距離が近いんだなと感じました。

OPEN FACTORYで、

製造過程や会社の成り立ちを説明してくださった、

優しいおじさんは、なんと、取締役会長の福田さんっ!!

彫刻を生業として1939年に創業、

欄間や墨つぼなどを作っていましたが、

大工道具の売れ行きは下降線になり、息子さんと相談して、

日常につかえる「箸」を作ることにしたそうです。

たかが「箸」、されど「箸」。

長い・短い、太い・細い、重い・軽い。

八角の箸のフィット感などなど・・・。

笑いを交えながら、たくさんの話をお聞きすることができました。

ぜひ、みなさん、OPEN FACTORYにお出かけください!

 

 

Q.休日はどのように過ごしてますか?

ドライブが大好きなので、よく出かけています。

寺泊・弥彦・笹川流れに行きました。

三条だと、大崎山公園に行ったことがあります。

友達は、昨年6月に東京でイベントがあり、新潟県ブースで出展したのですが、

うちあげで、三条市の他の会社の方と知り合い友達になりました。

キャンプをしたり、バーベキューをしたりしました。

移住希望者へのメッセージをお願いします!

三条に限らず、新潟は最高です!

今年のドカ雪では、一夜にして車が雪で埋まりました。

そんな出来事も好きだったりします♪

雪かきも「寒いから嫌だ・・・。」ではなく、楽しんでいます。

汗もかいて、いい運動になります♪

お店の情報はこちら

住所 三条市矢田1662-2
電話 0256-45-7001
【 営業時間 】
・SHOP 月-日 10:00 - 19:00
・OPEN FACTORY 月-土 9:00 - 17:30

マルナオ株式会社さんのホームページはこちら♪

マルナオ株式会社さんのFacebookはこちら♪

地図情報

ページトップへ

〒955-8686 新潟県三条市旭町2-3-1
電話番号:0256-34-5511(内線735)
ファックス:0256-36-5111